二日酔いの頭痛や吐き気 解消に効果的な食べ物や飲み物とは?

二日酔い
友人や職場との楽しい飲み会でついついお酒を飲み過ぎちゃった。

翌朝、二日酔い頭痛吐き気に襲われて、あぁ後悔・・。

なんてことありますよね^^;

二日酔いの朝はあまり食べ物を摂りたくないものですが、そんなツライ朝だからこそ食べるべき物があるんです。

今日は、二日酔いの頭痛や吐き気などの症状に効く食べ物と飲み物をご紹介します。

 

お酒を飲むと二日酔いになる原因とは?

私たちがお酒を飲むと、体内に入ったアルコールは肝臓で分解されます。

このとき、非常に毒性の強いアセトアルデヒドという物質が作り出されます。

タバコの煙などにも含まれる有害な物質ですが、これが二日酔いの症状を引き起こす原因となります。

お酒をたくさん飲みすぎると、体内で生成されたアセトアルデヒドを肝臓で十分に分解することができなくなり、血中の濃度が高くなります。

その結果、アセトアルデヒドの毒性によって頭痛や吐き気、動悸、胃痛、胃もたれなどの不快な症状が現れます。

二日酔いの頭痛や吐き気に効く食べ物・飲み物とは?

二日酔いになってしまったら、まず心掛けたいのが水分補給

アルコールには利尿作用があり、お酒を飲んだ後は脱水症状を起こしやすくなります。

また、水分を多く摂取することで体内のアルコール成分を早く外に出すことにもつながります。

そのため、次の食べ物や飲み物がおすすめです^^

●スポーツドリンク

ただの水よりも体内に吸収されやすく、水分と糖分を同時に摂取できます。

また、排尿で失われたナトリウムやカリウムも補給してくれます。

冷たい飲み物は胃への刺激になるので、あまり冷え過ぎていない物がおすすめです。

●グレープフルーツ・オレンジ

果物に含まれている果糖やビタミン類には、アルコールの分解を促進する働きがあります。

グレープフルーツなどをそのまま食べても良いですし、100%グレープフルーツジュースなどを飲むのもよいでしょう。

●緑茶

緑茶には「タンニン」という成分が多く含まれています。

このタンニンは果物の柿にも含まれていますが、胃の粘膜を修復する働きがあります。

また、利尿作用や喉の渇きを抑えるといった効果もあるので、二日酔いの予防・解消に緑茶を飲むとよいでしょう。

●コーヒー

コーヒーに含まれているカフェインには、覚醒作用があるため頭痛やだるさを和らげる効果があります。

ただし、そのままで飲むと二日酔いの胃には刺激が強いので、少し薄味で温かいコーヒーにミルクを入れて飲むとよいでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

緑茶やコーヒーが二日酔いに効果的だとは、私も意外でした。

楽しいお酒は次の日に残さない飲み方が理想的です。

けれども、二日酔いになってしまったときに少しでも軽くするために知っておくと安心ですね。

水分と睡眠をしっかりと取れば、あとは症状が治まるまで安静にして過ごしましょう。

迎え酒は逆効果になってしまうので×ですよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする