市川市民納涼花火大会2015の日程とアクセスは?穴場スポットもご紹介♪

hanabitaikai
市川市民納涼花火大会は、江戸川を挟んで江戸川区花火大会と同時に開催されます。

2つの花火大会が川を挟んで同時刻に行われるというのは珍しく、関東の夏の風物詩となっています。

川面に映る花火も幻想的で、花火デートにもぴったりなイベントですね。

毎年130万人以上の見物客が訪れる花火大会だけあって大混雑が予想されますが、心配なのが場所取りですね。

市川市民納涼花火大会2015の日程とアクセス、そしてのんびり花火を楽しめるおすすめ穴場スポットをご紹介します。

 

市川市民納涼花火大会2015の日程とアクセスは?

開催日程:2015年8月1日(土)予定

開催時間:19時15分~20時半ごろ

花火会場:江戸川河川敷

アクセス:市川市側→JR総武線市川駅南口より徒歩約12分、江戸川区側→都営新宿線篠崎駅より徒歩約15分

市川市民納涼花火大会の打ち上げ場所は?

市川市民花火大会は、江戸川河川敷で花火の打ち上げが行われ、打ち上げ場所は市川市の大洲3丁目先となります。

また、同時開催される江戸川区花火大会は江戸川区都立篠崎公園緑地先が打ち上げ場所となります。

2大会が同時に開催されるため、河川敷の広い範囲から花火を鑑賞することができるのが特長ですね。

河川敷の江戸川区側は花火の打ち上げ場所のすぐ前ということがあり、多くの人で混雑し、例年早い時間から場所取りが始まります。

市川市側はやや狭くなりますが、比較的空いていることもありますよ^^

市川市民納涼花火大会の穴場スポットは?

市川市民花火大会は、できることなら打ち上げ場所から近い江戸川区側から満喫するのがおすすめです。

ただし、迫力ある花火を間近で楽しもうとする見物客で混雑するため、ゆったりと花火を楽しむのは難しいでしょう。

このため、のんびり快適に花火を観たいのであれば、以下の場所がおすすめです。

●江戸川河川敷 行徳会場
行徳橋を渡ってすぐのところにある会場は、打ち上げ場所から少し遠いですが最高の穴場スポット^^
水面に映る花火は見えませんが、上空に打ち上げられた花火はバッチリ楽しむことができます。
お子さんのいる家族連れなどで座って花火を見たいという方は、河川敷の上の方がおすすめです。

●大洲防災公園
大洲防災公園は、広い芝生広場から花火を観ることができます。
打ち上げ場所から離れているため、比較的混雑もゆるやか。
JR本八幡駅より大洲防災公園前まで京成トランジットバスが運行しているので、利用すると便利です。

さいごに

軽やかな音楽に合わせて多彩なプログラムが展開される市川市民花火大会。

花火の総数は1万4千発と大規模で、圧倒的な迫力のあるクライマックスは大会の見どころです。

水面にきらめく美しい花火をぜひ楽しんできてくださいね。

河川敷で場所取りをされる方は、熱中症と日焼け対策も忘れずに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする