潮干狩りの時期はいつ?あさりの上手な取り方は?

貝殻
暖かくなってくるといよいよ解禁になる潮干狩り

まるで宝探しゲームのようで子どもから大人まで楽しめる
海のレジャーです。

せっかく潮干狩りに行くなら、ベストな時期に行ってたくさんの
あさりを取りたいですよね。

潮干狩りに最適な時期と、上手なあさりの取り方について
ご紹介します。

潮干狩りに最適な時期はいつ?

実は、潮干狩りはやろうと思えば一年中できます^^;

ただし、たいていの潮干狩り場では4月~7月頃まで
シーズンになっています。

場所にもよりますが早ければ3月頃から潮干狩りのシーズンが
始まりますが、その中でもベストな時期があります。

それは5月のゴールデンウィーク前後

なぜかというと、大潮の影響によって昼間に大きく潮が引いて
干潟が広くなることと、気候もいいため。

海の水温も上がり、水に入っても冷たすぎず潮干狩りには最適な
時期といえます。

また、時間帯は中潮~大潮の日の干潮になる2時間前くらいからが
最も潮干狩りに適しています。

潮干狩りでアサリを上手く取るコツは?

アサリを探すときは、まず砂の上の小さな穴を見つけましょう
これは海水があるときにアサリが呼吸をするための穴で、この穴の近くを
5センチ~10センチほど掘ってみます。

アサリは特定の場所にまとまって集まる傾向があるので、アサリが
いくつか見つかれば、その周辺を探すのがベスト!

そして効率よくアサリを取るコツが、広く浅く掘ることです。
アサリは貝の上端が5センチより深く潜っていることはあまり
ありません。ですので、一か所を深く掘るより、広く浅く掘って
探してくださいね。

そして、あまり人が集まっている場所にはアサリが残っていない場合も
あるので、人の少ない場所で探しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

せっかくの潮干狩りですので、ポイントを押さえてたくさん取れると
いいですね。

紫外線・日焼け対策も忘れずにお出かけくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする