七五三 男の子のお参りはいつ?服装と髪型はどうするの?

公園
子どもの成長を祝う七五三

3歳、5歳、7歳という節目にあたる年に、晴れ着を着て神社にお参りする日本の伝統行事の一つです。

実はこの七五三、男の子と女の子でお祝いする時期が違うのをご存じでしょうか?

男の子の場合の七五三参りの時期と、気になる服装と髪型についてご紹介します。

 

七五三のお祝い男の子はいつするの?

七五三とは、古くから宮廷や武家社会で行われていた3つの行事が、明治時代以降に合わさってできたお祝いです。

3歳で「髪置(かみおき)の祝い」、5歳で「袴着(はかまぎ)の祝い」、7歳で「帯解き(おびとき)の祝い」をそれぞれ行います。

男の子は本来、3歳と5歳で七五三のお祝いをしていましたが、近年は3歳を省き、5歳だけするというご家庭が多くなっています。

(ちなみに、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。)

かつては数え年でしたが、現在は満年齢で行われることが増えています。

また、年の近い兄弟や姉妹がいる場合は、数え年や満年齢にかかわらず一緒にお祝いをするという方も多いようです。

七五三参りの時期としては、11月15日か、その前後の土日に神社へ参拝をします。


七五三の男の子の服装は着物?それともスーツ?

5歳の男の子のお祝いは、「袴着(はかまぎ)」の儀式が元になっています。

袴着は、5歳の男の子を碁盤の上に立たせて袴をはかせる儀式で、平安時代から行われていたという記録もあります。

このため、現在の5歳のお祝いでは、着物の上に紋付羽織袴を着用するのが正式なスタイルとなります。

近年は着物を作らず、好きな衣装をお子さんと一緒に選んでレンタルをするご家庭も増えているようですね。

また、写真館などで着物とスーツの両方を着せて写真を前撮りしておき、神社への参拝はスーツを着せるというご家庭もあるようです。

七五三の男の子の髪型はどうする?

普段ほとんど着ることのない着物やスーツ。

せっかくの七五三、写真にも残るイベントなので髪型もカッコよくしてあげたいですよね。

そこでおすすめなのが、ヘアワックスを使ったさっぱりスタイル

ヘアワックスを手につけて、髪の根元からなじませてあげると、ふわっと髪が立ち上がってカッコいい髪型に^^

短髪の男の子でも、ヘアワックスを使ってトップにボリュームを持たせると、ソフトモヒカンっぽく簡単にアレンジできるので、いつもと違った印象になりますよ。

さいごに

男の子の七五三についてまとめてみましたが、お役に立つ情報になりましたでしょうか。

一生に一度のお祝いですので、素敵な晴れ姿にしてあげたいですね。

思い出に残る一日になりますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする