十五夜に月見団子を飾る由来と場所は?綺麗な積み方はできる?


十五夜のお月見に欠かさないお供え物といえば、月見団子とススキ。

まん丸なお月さまを見ながら食べるお団子は美味しもの^^

でもせっかくお月見の宴を開くなら、その意味や由来を知っておきたいですよね。

なぜお月見にお団子を飾るようになったのか。

そして現代のお家でお月見をするなら、どこに飾ればよいのでしょうか。

今日は十五夜の月見団子を飾る由来や飾る場所などについてご紹介します。

十五夜に月見団子を飾る由来や意味は?

十五夜のお月見では、月見団子や里いもをお供えし、秋の七草であるすすきを飾ります。

十五夜とは旧暦の8月15日の夜で、現在の暦に置きかえると、9月上旬から10月上旬ごろ。

この時期は秋の収穫がはじまるため、農作物の収穫を祝い、神々に豊作のお礼をする収穫祭の儀式が行われていました。

お月見団子とは・・・

満月に見立てて丸く作り、穀物の収穫への感謝をあらわします。

また月が満ちるということから、物事の結実、健康、幸せを表すともいわれています。

里芋とは・・・

十五夜では芋類の収穫を祝うためにお供えします。

里芋だけでなく、さつまいもや旬の野菜、果物でもかまいません。

秋の味覚であるブドウなどのつるのあるものは、お月様と人とのつながりを強くする縁起の良いものとされています。

ススキとは・・

月の神様が宿るもので、穀物の収穫への感謝をあらわすために稲穂の代わりにお供えします。

十五夜の時期にはまだ稲穂が収穫されていないため、ススキで代用するようになったといわれています。

また、ススキは切り口が鋭く魔除けのおまじないとしても使われていました。

お月見が終わるとススキを軒先に吊るしておくという慣習もあります。

十五夜の月見団子を飾る場所はどこ?

お月見といえば、縁側に月見団子などをお供えして美しい月を愛でるイメージがありますが、現代の住宅では難しいですよね。

特にマンションなどでは、どのような場所でお月見を楽しめばよいのでしょうか。

基本的にお家から月が見える場所があれば、それを月見台(お月見をする場所)に決めてよいでしょう。

窓辺やお庭、屋上などでかまいません。

月が昇ってくる東側と南側の空が見える場所がいいですね。

あればテーブルにクロスなどを敷き、その上にお供え物を置きましょう。

また、月見イベントに参加してみるのもおすすめです。

特別にライトアップされた東京タワーでも中秋の名月イベントが行われますし、全国各地の公園や神社でも行われていますよ。

野外だといつもと違った雰囲気でお月見を楽しむことができますね。

十五夜の月見団子の綺麗な飾り方は?

月見団子は、三方(さんぽう)というヒノキで作られた神事用の台に載せてお供えします。

三方のに半紙などを敷き、その上に十五夜にちなんで15個の月見団子を積み上げます。

綺麗に飾るには、3段にして盛り付けるのがポイント!

1段目に9個、2段目に4個、3段目に2個並べると15個綺麗に置くことができます。

月見団子の個数は、地域によって異なります。

一般的には15個ですが、月の数と同じだけ12個飾るというところもあります。

12個の場合は、1段目に9個、2段目に3個置きましょう。

十五夜の月見団子はいつ食べるの?

お団子を綺麗に飾ったら、お供え物なのですぐに食べてはいけないのでは?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも月見団子はお供えした後に食べることで、健康と幸福をいただけるとされているもの。

お供えが終われば、すぐに頂いても構わないのです^^

食後のデザートとして月見団子をいただくのもいいですし、月見団子風のカラフルなおにぎりを作って夕食もお月見の雰囲気を楽しむ、というのもいいかもしれません。

さいごに

十五夜と月見団子の関係をざっくりとまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

今でもお月見泥棒といって、子どもたちが月見団子をこっそり盗むという風習が残っている地域もあるそうです。

秋のイベントといえばハロウィンが目を引きますが、日本で古くから伝わるお月見も大切にしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする