クリスマスケーキはなぜ高い!?安くて美味しいケーキを買う方法はコレ!


クリスマスケーキといえば、クリスマスの定番デザート。

毎年デパートやスーパーなどで予約して購入されている方も多いと思います。

でもクリスマスケーキって、他のケーキより値段が高いですよね。

そこで、どうしてクリスマスケーキが割高なのか、そして安くて美味しいクリスマスケーキを買うにはどうしたらいいかを調べてみました。

出費が重なる年末のこの時期、家計を預かる主婦の方にぜひ読んでいただきたい記事です♪

スポンサードリンク

クリスマスケーキが高すぎる理由とは?

日本では、クリスマスにはクリスマスケーキを食べてお祝いをしますね。

クリスマスケーキは、たいていデパートやスーパー、ケーキ屋さん、コンビニなどでホールケーキを購入されると思います。

有名パティシエの方が作ったものだと、数量限定・予約購入限定で5,000円くらいするものもあります。

一体どうしてクリスマスケーキはこんなに値段が高いのでしょうか?

いくつか理由がありますので、ご紹介します!

理由その1.需要が高い

「クリスマス特需」ともいわれるように、クリスマス時期にはクリスマスケーキが必ず売れます。

(クリスマスケーキだけでなく、ケンタッキーのチキンやプレゼント用のオモチャなどもよく売れますね。)

日本でもクリスマスは一年に一度だけの期間限定イベントとして深く根付いており、クリスマスケーキも需要が高くなります。

欲しいという需要が上がれば、値段が多少高くなっても購入する方は多いので、価格も上がります。

理由その2.材料費が高くつく

クリスマスに乗せられるフルーツの定番といえば、イチゴですよね。

でもイチゴの旬は春先なので、クリスマス時期に出回るイチゴはハウス栽培されたものになります。

ハウス物のイチゴもクリスマス特需で普段よりも値上がりするため、この分の価格差がクリスマスケーキの値段に反映されています。

またケーキ作りに欠かせない小麦粉やバター、卵なども、ここ数年で値上がりが続いています。

理由その3.クリスマス用の飾りや包材が高い

クリスマスケーキにはサンタさんやトナカイ、「メリークリスマス」のプレートなど様々な飾り(オーナメント)が乗せられています。

実はこの飾り、意外と仕入れ価格が掛かるもの。

可愛い飾りを2~3個ほど使うと、それだけで300~500円ほどかかってしまうそうです。

またホールケーキを持ち帰るために入れる四角い箱も、普段使用されている白色無地の箱に比べると100~200円高くなるようです。

普通のホールケーキよりも特別感を出すため、クリスマスケーキを華やかに演出するためのお金がかかるという訳ですね。


スポンサードリンク

理由その4.人員を増やすため人件費がかさむ

町のケーキ屋さんや大手メーカーの工場では、クリスマス時期は一年最も忙しい繁盛期になります。

このため短期アルバイトの求人を募集し、クリスマスケーキの製造や販売の仕事を依頼します。

アルバイトの給与としては1日に1人当たり1万円以上支払われることにもなり、人件費が大きくかさみます。

クリスマスケーキの価格には、材料費のほかに人件費も大きく影響を与えているんですね。

理由その5.販促費用がかかる

クリスマスケーキはお店独自のもので、販売されるケーキも毎年異なることが多いです。

このため、その年ごとにクリスマスケーキを写真撮影し、パンフレットやポスターなどを印刷して作成しなければなりません。

お店によっては広告宣伝費をかけるところもあり、実は販売促進費用が結構かけられているのです。

安くて美味しいクリスマスケーキを買う方法とは?

特別なクリスマスとは言え、クリスマスケーキは割高すぎる!

でもせっかくだしクリスマスにケーキ食べたい!

少しでもお得にクリスマスケーキが買えたら嬉しいですよね^^

そこでクリスマスケーキを安く買う秘策をいくつかご紹介します。

方法その1.イチゴの生クリームケーキ以外のケーキを選ぶ

上記でもある通り、クリスマス時期はイチゴの価格が高騰します。

このためチョコレートケーキなどイチゴを使っていないケーキを選ぶと、値段も少し抑えることができます。

これ以外にもタルト、ブッシュドノエル、チーズケーキなどもイチゴが乗った生クリームケーキに比べると価格が安く設定されていますよ。

方法その2.普通のホールケーキを購入し、自分でデコレーションする

町のケーキ屋さんなどでは、15cmのホールケーキであれば2,500~3,000円弱で販売されています。

クリスマスケーキではなく、あえて普通のホールケーキを購入し、自分でクリスマスの飾りをつければ立派なクリスマスケーキの完成です^^

クリスマスケーキを手作りするには手間と時間がかかりますが、この方法ならオーナメントを飾り付けるだけなので簡単です。

お子さんにも喜ばれそうですね。

方法その3.値引きされたクリスマスケーキを狙う

クリスマス当日の12月25日になれば、クリスマスケーキが売れ残る可能性が高いお店が出てきます。

このようなお店では、25日の20時以降、そして26日の朝になれば通常価格より値引きされて販売されることがあります。

曜日や天候にも左右されますが、狙い目は大手スーパーやコンビニです!

そして、コンビニといってもオフィス街や駅から遠い店舗を覗いてみてください。

お店によっては半額で販売されていることもありますので、見つけられるとお得感がありますね^^

クリスマスケーキ手作りしたら安くできる?

クリスマスケーキを買ったらお金がかかる!

だったら家で手作りすればいいんじゃない!?

お菓子作りの経験があれば、そんな風に思いますよね。

でもイチゴが乗った生クリームケーキを作ろうとすると、材料費だけで結構お金がかかると思います。

前述の通りスーパーなどで販売されているイチゴの価格が上がっているほか、生クリームや小麦粉、卵なども用意しなければいけません。

このほかにケーキの焼き型なども必要になりますし・・^^;

そこで材料費を安く抑えてクリスマスケーキを手作りするには、市販のスポンジケーキを使うのがおススメです。

スポンジケーキは焼くのも手間がかかりますし、フワッと仕上げるのが難しいので、プロが作ったものは安心^^

さらにデコレーションでイチゴの代わりに他のフルーツを利用する、ココアクリームにするなど、上手に節約しながら手作りする方法もありますよ。

さいごに

クリスマスケーキの価格が高い原因と、安くて美味しいケーキを買う方法をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

クリスマスシーズンは、プレゼントやクリスマスチキンなど夕食の準備も必要で、色々と出費がかさみます。

主婦には頭が痛い時期ですよね・・。

ただクリスマスというイベントは、一年に一度のものです。

普段からケーキをよく食べる、ケーキが嫌い・・ということがなければ、クリスマスケーキを『思い出価格』として割り切って考えてみるのもいいかもしれませんね。

お子さんやご家族、恋人が喜ぶなら、じっくり検討してみてくださいね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする