こどもの日の食べ物 柏餅やちまきをなぜ食べるの?初節句の場合は?

鯉のぼり
5月5日のこどもの日といえば、端午の節句

桃の節句で女の子のお祝いをするのに対して、
端午の節句は男の子の健やかな成長をお祝いする日です。

この時期になるとあちこちでこいのぼりを見かけますし、
男の子がいるご家庭では、五月人形を飾るところも多いと思います。

端午の節句には、柏餅ちまきを食べる風習がありますが、
なぜ食べるのでしょうか?

また、初節句を迎える男の子のためには、この他にどんなお料理
用意すればいいのでしょうか。

こどもの日に柏餅やちまきを食べる意味と、初節句のお祝いの
仕方についてご紹介します。

こどもの日に柏餅やちまきを食べる理由は?

旧暦の5月(新暦の6月ごろ)の初旬は、ちょうど梅雨の時期。

ジメジメしてかびが生えやすく、病気などになりやすい季節でも
ありました。

江戸時代以降、この雨の多い時期に柏餅やちまきを食べて、
邪気を払うという風習が農村に定着したとされています。

この習慣が、やがて端午の節句の祝い方として広まったと
いわれています。
端午の節句

柏餅
柏餅とは、あずきあんの入ったお餅で、柏の葉でくるんであります。
柏の葉は、新しい芽が出るまで古い葉が落ちません。
このことから、柏の葉のように家系が途絶えないことを願って、
端午の節句に柏餅を食べる習慣がはじまったといわれています。

ちまき
ちまきとは、もち米を笹の葉で包んで、いぐさでしばり、蒸したり
ゆでたりしたもののこと。
これは中国から伝わったもので、古くは茅(ちがや)の葉で包んだことから
「茅巻き(ちまき)」と呼ばれていたために「ちまき」という名前が
ついたといわれています。中国ではちまきは邪気を払う食べ物とされて
おり、日本では端午の節句に食べられるようになりました。

初節句のお料理メニューは?

お子さんが生まれて初めて迎える節句を初節句と言いますが
ご両親を招いてお祝いをされるご家庭もあると思います。

端午の節句のお祝い膳には、柏餅やちまきのほかに
どんな食べ物を用意すればいいのでしょうか?

●赤飯  お祝いのご飯
●鯛   赤い色がめでたく、「めでたい」に通じる
●海老  腰が曲がるまで長生きできるように
●筍(たけのこ) まっすぐ元気に育つように
●鰤(ぶり) 出世魚であることから、出世を祈願して
●豆   健康で丈夫でありますように、まめに働くという意味も
●蓮根(れんこん)穴があいているため見通しの良い人生を祈願して

これらを全部用意するのは大変ですので、できるものだけ
選ぶとよいでしょう。

3月、4月生まれのお子さんの場合、お誕生から初節句まで1ヵ月ほどしか
ないため、お宮参りの前後に初節句を迎えることになります。
このような場合は、初節句のお祝いは翌年に見送ってもよいでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

端午の節句には、柏餅やちまきを食べるのほかに、
薬草である菖蒲湯(しょうぶゆ)に入るという風習もあります。

病気や邪気を払うとされているので、用意できるのであれば
お子さんと一緒に菖蒲湯に入ってあげるのもいいですね。

みんなでお子さんの成長を願って、楽しい日になるといいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする