お中元のお返しはいつまでに送る?金額はいくら位がベスト?

スポンサーリンク
マナー

日本の文化でもある、お中元やお歳暮。

毎年時期になると、両親宛てに品物が届いていた・・なんて経験ありますよね。

お中元をいただいたけれど、お返しはどうしよう。

なんとなくは知っているけれど、詳しいルールやマナーが分からない方も多いのではないでしょうか。

お中元とは暑い夏、親しい相手を感謝を伝えるための贈り物をさします。

今回はそんな知っているようで分からないことも多い、お中元について詳しくご紹介していきます。

最後まで見ていただければ、突然のお中元にもスムーズに対応出来ますよ!

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お中元のお返しはいつまでに送るべき?期限を過ぎてしまったら?

親しい相手に、日頃の感謝を伝えるための贈り物がお中元です。

お中元をいただいた場合、いつまでにお返しをすればよいのでしょうか。

まずはお中元の送付時期についてですが、これは送りたい相手の住む地域によって異なってきますので、簡単な目安をご紹介します。

・北陸/東北/関東  7月1日から7月15日
(一部の北陸地域は、7月15日から8月15日)

・関西/東海/中国/四国   7月15日から8月15日

・九州    8月1日から8月15日

・沖縄    8月15日から9月初旬

このように住む地域によって1ヶ月ほど前後します。

基本的には関東地方の7月15日から8月15日がベースにはなっているみたいです。

送る前に相手地域を確認してみましょう。

では次にお返しは、いつまでにすれば良いだろうという疑問。

実はこのお返し、必ず送らなきゃいけないものではないんです。

お中元は、相手からの『いつもありがとう』という意味の贈り物になるので、品物ではなくお礼状(感謝を書いた手紙)を送るのが一般的です。

このお礼状は、感謝や無事に届いたことを知らせるためにも3日以内を目安に送りましょう。お手紙が難しい場合は、電話連絡でも大丈夫ですよ。

しかし目上の方や、同じくらいにお世話になっている方からお中元をいただき、お返しが必要な場合もありますよね。

お返しを送るタイミングは、お中元が届いてから2週間頃を目安に発送すると、早すぎる遅すぎるなどの失礼もなく受け取ってもらえます。

また時期を過ぎてしまった場合の対処法もご紹介します。

地域によっても前後しますが、一般的には7月15日までをお中元、7月16日から立秋までを暑中御見舞い、それ以降は残暑御見舞いに変更をしてから送ります。

このように、お中元といった文化にも様々なマナーがありますので、知っておけば必要な時に困らずに対応できますね。

スポンサーリンク

お中元のお返しの金額はいくら位がベストなの?

お返し時期は分かっても、金額はいくらにすればいいの?と悩む方も多いのではないでしょうか?

相手が目上や年上の方だと、より慎重になってしまいますよね。

一般的には、いただいたお中元の半額もしくは同等の額の品を送りましょう。

あまりに高価な物は失礼になるので注意が必要です。

目上や年上の方へのお返しの場合は同等ではなく、いただいた物よりも安い物を選ぶようにしましょう。

品物は相手が好きそうなものを選び、商品券や金券は金額が伝わってしまうので避けましょう。

他にも、ハンカチ(手を切る)、はさみ(縁を切る)、筆記用具(学びが足りない)、下着(お金に困っている)、靴・靴下(踏みつける)などの意味をさし、タブーとされている物も多いので気を付けてください。

さいごに

今回は知っているようで知らないことの多い、お中元について詳しくご紹介してきました。

お中元やお歳暮には、丁寧に相手を重んじる日本人の良さも現れている気がしました^^

細かいルールやマナーも多いですが、相手に失礼がないように覚えておきたいですね。

ぜひこれからの機会に参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました