年賀状の一言添え書き 会社の上司や同僚、部下へメッセージ文例まとめ

鏡餅
年賀状をさぁ書き上げよう!

と思っても、毎年添え書きで悩んでいませんか?

定型文だけでは物足りないし、一言添えるといっても、なかなか上手いコメントが思い浮かばない・・^^;

しかも会社関係の方に出す年賀状だと、毎年同じことも書けないですよね。

そこで、ビジネス年賀状にぴったりの一言メッセージ文例を相手別にご紹介します。

 

相手を選ばずに使える定番一言メッセージ

まずご紹介するのは、一般的な定番メッセージ。
送る相手を選ばずに使えて便利です。

「皆様お元気で幸多き年になりますように」

「心豊かな一年となりますように。」

「この一年が(あなたにとって)すばらしい年となりますように」

「ご家族皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」

「本年も親子共々よろしくお願い申し上げます。」

上司や先輩への一言メッセージ

上司へ送る年賀状は、少し堅いメッセージがおすすめです。
日頃お世話になっていることへの感謝や、新年も変わらないご指導をお願いする文例が一般的です。
新年の意気込みなどを書くのもよいでしょう。

「昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。」

「旧年中は温かくご指導くださり、誠にありがとうございました。」

「旧年中は公私にわたり大変お世話になりました。
本年も変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。」

「旧年中は色々とお心遣いをいただきありがとうございました。
今年はさらなる飛躍の年とするべく努力する所存です。」

「本年の支店長のご指導を仰ぎ、業績向上に取り組んでいきたいと思っております。
今年もよろしくお願い申し上げます。」

「旧年中は仕事上とはいえひとかたならぬご面倒をおかけしました。
今年は一人前として認められるよう一層精進いたす所存でおります。
今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。」

「旧年中はいろいろとお世話になりました。心から御礼申し上げます。
本年も何卒倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます。」

「毎年新春のご挨拶に伺いますことを楽しみに致しておりましたが、今年は転勤のため、失礼させていただきました。
奥様にもどうぞよろしくお伝えくださいますよう。」

「今年は入社二年目です。ようやく仕事にも慣れることができました。昨年以上に積極的に仕事に取り組む決意でございますので、どうかよろしくご指導のほどお願い申し上げます。」

「旧年中はほんとうにお世話になりました。仕事のおもしろみがやっとわかってきたようです。今年はそれをこの手で実感としてつかみたい、そんな気持ちです。
これからも変わらぬご指導、ご叱咤をお願い申し上げます。」

「営業に関しては全くの素人といってもいいくらいの私でした。ここまでやってこられたのもひとえに課長のおかげです。
なんとか今年は一人で開拓するくらいの自信をつけたいと思っております。どうか変わらぬご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。」

「なにかにつけて未熟な私ですが、あなた様の姿勢を見習い、一歩でも近づきたいと年頭に誓ったしだいです。
どうか変わらぬご指導、おつきあいをお願い申し上げます。」

「おりにふれ、的確なご指導をいただき感謝にたえません。今後とも変わらぬお導きをせつにお願い申し上げます。
ご家族の皆様のご多幸を祈念致しまして、新年の挨拶にかえさせていただきます。」

「日ごろのご指導に感謝致しますとともに、ご期待にこたえるべく一年にしたいと思っております。」

「今年こそは部長に打ち勝つゴルフのコツを会得したいと思っております。ご覚悟のほどを。」


同僚への一言メッセージ

親しい同僚へのメッセージには、友人と同じような感覚で書く方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、仕事仲間としての立場を踏まえ、あまりにもフレンドリーな文面は避けましょう。

「昨年は大変お世話になりました。
2018年がお互いにとってよき1年になりますように。」

「○○さんにとって充実した一年になりますように。」

「○○さんをはじめ、ご家族の皆様方にとってご健康で良い一年でありますように。」

「今年も共に頑張りましょう!」

「共に飛躍の年にできるといいですね。」

「昨年はいろいろお世話になりました。今年もまた面倒を掛けそうですが、よろしくお願いします。」

「今年もまた新たな気持ちで頑張りましょう」

「今年も二人で楽しく明るい職場作りにいそしみましょう」

「お互い身体に気をつけて頑張ろうね」

「今年はプライベートも充実させたいものです」

「今年もよく遊び、よく食べ、よく飲み、仕事はまあまあでいきましょう」

「久しぶりに札幌の実家へ帰ってます。休み明けには顔が丸くなってるかも!笑」

部下や後輩への一言メッセージ

部下へ出す年賀状には、旧年中の成長ぶりや活躍を讃えてあげましょう。
そして、新年の飛躍を期待する気持ちが伝わる文面がおすすめです。

「貴君の昨年の活躍はめざましく、頼もしい限りです。
本年も大いに期待しております。」

「仕事への前向きな姿勢に感動しました。
今年はさらなる成長を期待しています。」

「昨年は面倒をかけました。今年三ともに気を引き締めて頑張りましょう」

「いつもご苦労様。あなたが若い人たちの面倒をよくみてくれるおかげで第一企画課はいつも笑い声が絶えません。感謝しています。今年もいい企画を実現させて、笑いをさらに大きくしたいものです。」

「来月はいよいよアメリカに向けて出発ですね。活躍を期待しています。」

「今年もあなたに期待しています。ときには厳しく接することもあるかと思いますが、親心と思って頑張ってください。」

「お互いに失敗を恐れずに、今年も全力でぶつかっていきましょう。
新プロジェクトチームでのご活躍を大いに期待しています。」

「今年も新たな気持ちで仕事に頑張りたいので、お力添えのほど、よろしくお願い致します。」

「いい仕事はチームワークから生まれるものと信じています。私は今、すばらしい能力と若さを持った貴君たちを誇りに思っています。
今年も頼むよ。」

「今年も始まった。頑張れ!」

さいごに&関連記事ご紹介

仕事の関係先へ出す年賀状の添え書きをご紹介しましたが、ぴったりのものは見つかりましたでしょうか。

年賀状は出すことに意味がありますが、そこにあなたらしい一言が添えられていると、受け取った方にも喜ばれると思います。

特に感謝の気持ちや、新年の意気込みなどは面と向かって伝えにくいので、この機会にぜひ手書きのメッセージに気持ちを込めてみてはいかがでしょうか。

●年賀状に関しては、下記の記事でもご紹介しています。

1.年賀状の一言添え書き 疎遠の友人や友達へメッセージ文例まとめ

2.年賀状両親へのコメント文例 一言添え書きするならコレ♪

3.年賀状の挨拶文ご無沙汰している親戚へ一言例文まとめ

4.年賀状の添え書き文例 病気や怪我を見舞う一言は?書き方のマナーも!

参考になれば幸いです^^
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする