年賀状の挨拶文ご無沙汰している親戚へ一言例文まとめ

鏡餅
年賀状って新年の始まりに欠かせないもの。

普段は手紙や葉書を書かなくても、年賀状は毎年必ず書くという方も多いのではないでしょうか。

年賀状を書くときに悩むのが、挨拶文ではないでしょうか。

添え書きを一言といっても、疎遠になっているし何を書けばいいのやら・・・

そこで今日は、ご無沙汰している親戚へ年賀状を出すときの挨拶の文例をまとめました。

親戚へ送る年賀状の挨拶文は?

【例文1】

「あけましておめでとうございます。
ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんでしょうか。
お陰様で私たちもにぎやかな新年を迎えることができました。
なかなかお会いできませんが、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」

【例文2】

「年に一度のお便りになっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
長女○○は春から小学生になり、今からランドセルを嬉しそうに背負っています。
またお会いできます時を楽しみにしております。
本年も親子共々どうぞよろしくお願いいたします。」

【例文3】

「皆様おそろいでご越年の由、お喜び申し上げます
昨年同様、本年もよろしくお願いいたします。
寒さ厳しき折、ご自愛くださいませ。」


親戚へ送る年賀状の一言添え書きは?

【例文まとめ】

「本年も何卒よろしくお願いいたします。」

「皆様お元気で幸多き年となりますように」

「ご家族皆様のご多幸とご活躍をお祈りいたします。」

「お近くにお越しの際には、ぜひ遊びに来てください。」

「今年こそぜひお会いしたいものです。」

「また機会があればお会いできることを楽しみにしております。」

「お元気でいらっしゃいますか」

「いかがお過ごしでしょうか。」

「お子さまも大きくなられたでしょうね。」

「楽しいお正月をお過ごしください。」

さいごいに

写真やイラストが印刷された年賀状でも、定型文だけだと少し寂しいですよね。

何年も会っていない親戚なら、年賀状だけのやり取りになっているかもしれません。

一年に一度のお便りであれば、こちらの近況を伝えたり、健康を気遣うメッセージを添えると喜んでいただけそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする