年賀状の一言添え書き 疎遠の友人や友達へメッセージ文例まとめ

お正月
毎年出している年賀状

定型文だけでは寂しいし、何か一言メッセージを書きたいな。

でも、親しい友達ならすぐ書けるのですが、しばらく会っていない友人やご無沙汰している知り合いには、何と書こうか・・いつも迷ってしまうんです^^;

そこで、友達や知り合い宛ての年賀状にぴったりの添え書きの文例を、相手別にご紹介します。

送る相手を選ばずに使える定番メッセージ

「昨年中はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。」

「○○さんにとって幸多き一年になりますように」

「お互い良い一年になりますように」

「笑顔いっぱいの一年になりますように」

「楽しいお正月をお過ごしください」

「今年もよろしく!またごはん食べに行こうね」

「新居に引っ越しました。ぜひ遊びにきてね。」

疎遠の友人への一言メッセージ

「お元気ですか?また久しぶりに会いたいね」

「お互い忙しいけど頑張ろうね」

「ご無沙汰しています。今年こそ再会できますように」

「すっかりご無沙汰しておりますが、お元気ですか」

「同窓会で会えるのを楽しみにしています。」

「お元気ですか?私はウォーキングを始めてみました!」

「お仕事は順調ですか?久しぶりにゆっくり会いたいですね」

「○○ちゃん(お子さん)は大きくなられましたか?」

「今年はみんなで会いたいね」


親しい友達への一言メッセージ

「いつもありがとう!今年もよろしくお願いします」

「いつも愚痴聞いてくれてありがとう。○○ちゃんは心の支えだよ」

「またごはん食べに行こうね!」

「またみんなで○○会しようね!」

「今年もたくさん遊ぼうね」

「新年会楽しみにしてます」

「去年の○○旅行楽しかったね!今年はどこに行こう?」

さいごに

ぴったりの添え書きは見つかりましたでしょうか。

普段のやりとりはメールや電話でも、年始の挨拶はやっぱり年賀状。

そこに心のこもった一言メッセージがあれば、きっとお友達も嬉しいはず。

学生時代の懐かしい思い出なんかを書くのも、ほっこりしていいかもしれませんね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする