ズボンのゴムが中でねじれる!簡単に直す方法とねじれ防止策は?


ウエスト部分がゴムになっているズボンやスカートは楽なので
子供でも大人でもよく履いている方は多いですよね!

我が家でも、自分も部屋着や普段着として履いていますし
娘にもウエストがゴムになっているズボンを履かせるのは日常茶飯事です。

ただ、楽な分ゴムがねじれてしまったり
少々面倒なこともあったりしますよね。

私自身も、ゴムがねじれてしまったり
中で切れてしまったという経験があるのですが…
とにかく直すのが面倒ですよね!

そこで今回は、ズボンのゴムがねじれてしまったときに
簡単に直す方法はあるのか…
また、ねじれるのを防止する方法もご紹介します。

よくウエストがゴムになっているズボンを履いている!
という方は、是非ご覧になってくださいね。

スポンサードリンク

中でねじれたズボンのゴムを簡単に直す方法は?

私自身も、何度もゴムがねじれてしまったことがあり
その度に地道に直していたのですが…

簡単に直す方法があれば知りたいですよね!

昔から裁縫が得意な母や、ママ友に聞いてみたり
いろいろと調べてみたのですが
簡単に直す方法というのはなさそうでした。

ズボンと中の紐をしっかりと持って
少しずつずらしながら直していく…
という方法しかなさそうです。

このとき、しっかりと伸ばしながらやると
わりとスムーズに直すことができますよ!

ねじれ以外にも、ゴムが抜けてしまうこともよくありますよね。

この場合は、100円ショップなどでゴム通しを買うと
すぐに直すことができるのでおすすめです!

スポンサーリンク

今すぐに直したい!という場合は
細めの棒などにゴムを縛り付けて
ゴム通しと同じ要領で通していくこともできます。

一度ねじれてしまうと、簡単に直す方法がないので…
できる限りねじれない対策を日々していくのが一番だと思います。

ズボンのゴムが中でねじれるのを防止するには?

ズボンの中に入っているゴムは、内側に入っているものの
長く履いていると実はどんどん劣化していきます。

そして、劣化していくと、縮んだり丸くなってしまったり…
何もしていなくてもねじれやすい状況に!

そうなってしまうと、毎回地道に直す方法しかなく
そのズボンを履くことすらストレスに感じるようになりますよね。

これを防ぐためには、もしゴムの劣化が気になってきて
何度もねじれてしまうようになった場合は、
ゴムを全て抜いてしまって、新しいゴムに入れ替える!
というのがおすすめですよ。

ゴムを新しくすれば、劣化によるねじれがなくなるので
履いているうちにねじれてしまった…
ということも圧倒的に少なくなります。

我が家でも、以前ゴムを入れ替えたことがあるのですが
地道に入れ替えなければならずもちろん時間がかかり
少々面倒な作業ではあったのですが
入れ替えたあとにねじれてしまうことがほとんどなくなり
面倒でもゴムを変えてよかったな!と思いました。

また、それ以外の対策として挙げられるのが
ウエスト部分の生地とゴムを、数ヶ所縫ってしまう!
という方法です。

これは、私自身は実際に行ったことはないのですが
母はよくやっていると言っていました。

不器用だし苦手!という人もいますし
万人受けはしないかもしれませんが…

裏生地まで縫わないように気を付けて数ヶ所縫うだけで
中のゴムがねじれてしまうことを簡単に防げるようです。

ただ、数ヶ所縫うと目立ってしまうので
縫うときの糸はなるべく生地と同じような色だと安心です。

まとめ

日常的に起こる問題は、とにかく早く解決したいですし
少しでも時短できたり楽な方法はないのかな?
と探すことが、主婦になってから本当に多くなりました!

しかしながら、今回ご紹介をしたウエストのゴムのねじれは
簡単に直す方法はなさそうだったので残念です…

地道に直すのはとにかく面倒!
という方は、今回ご紹介をした対策を事前に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする