ハンバーグ玉ねぎなしだとどうなる?パン粉や野菜で代用できるものはある?

スポンサーリンク
グルメ

今も昔も変わらず、全世代から愛されるハンバーグ。

ジュワっと溢れる肉汁はたまらないですよね^^

今では種類も豊富で家庭料理定番のハンバーグは、おうちでも作る方も多いはず。

でもいざ作ろうとしたら、玉ねぎがない!どうしよう!そんな経験ありませんか?

でも大丈夫!ハンバーグに欠かせない玉ねぎですが、実は他の食材やパン粉などの代用品でも美味しく作れちゃうんです!

今回は玉ねぎがないときのハンバーグ作り、代用で使える食材について、詳しくご紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ハンバーグ玉ねぎなしで作るとどうなる?

みなさんはハンバーグに玉ねぎをいれる理由をご存じですか?

なんとなくいれて作る方も多いと思いますが、実は様々なメリットがあるんです。

玉ねぎをいれると何が良いのか、いくつかご紹介します。


1、 甘味を出してくれる

玉ねぎのお味噌汁を飲んだら、砂糖をいれてないのに甘いと感じることはありませんか?

玉ねぎは根菜類の野菜です。
根菜といえば玉ねぎやダイコン、ニンジンなどがあげられますが、どれも糖質が高く甘みを多く含む野菜になります。

玉ねぎを加えれば、お肉の中にフワッと優しい甘さのあるハンバーグになります。


2、 栄養価が高い

玉ねぎは、血液をサラサラにする、血中のコレステロールを整えてくれる他、高血圧やむくみ予防、抗酸化作用による生活習慣病の予防など様々な栄養と効能をもつ野菜です。

しかも食べやすいので、どんな料理にも使いやすいですよね。

3、 固くなりすぎない

実は玉ねぎをハンバーグにいれると、固くなりすぎないという良さもあります。

お肉料理はお肉だけを使うと食感がどうしても固くなりやすいのですが、水分を多く含む玉ねぎを加えてあげると、よりジューシーで柔らかい食感になるんです。

4、 お肉の臭みを消す

玉ねぎには臭みをとってくれる成分が含まれているので、風味がよくなり食べやすなります。
みじん切りよりもすり下ろした方が効果的。

このように玉ねぎを使うと様々なメリットがあります。

そしてハンバーグを玉ねぎなしで作ると、

・甘味が少なくなる
・栄養バランスがかたよる
・ハンバーグが固くなりやすい 
・お肉の臭みが残ってしまう  

などが考えられるでしょう。

ハンバーグを玉ねぎなしで作った場合、大きく食感が損なわれることはありませんが、やはりどこか物足りない感じがあるかもしれませんね^^;

それでは次項で玉ねぎの代用となるものをご紹介します!

スポンサーリンク

ハンバーグ玉ねぎがないときにパン粉や他の野菜で代用できるものはある?

玉ねぎをいれたかったけど、家にストックがなかった・・

そんなときも困らないように、玉ねぎの代わりになるものをご紹介していきます!

1、 パン粉

ハンバーグを作るうえでのパン粉の役割は、つなぎ、柔らかくする、肉汁を閉じ込めるなど、実は玉ねぎと同じような役割をしてくれます。

パン粉を牛乳に浸してからいれると、よいつなぎとなり型崩れも防いでくれますよ。

2、 ニンジン

やはり玉ねぎのように甘みのある野菜でいうと、ニンジンのみじん切りがおすすめ。
色合いも良くなり、食感や甘み、栄養も加わります。

あらかじめ電子レンジで加熱をしておくと固すぎることなく、食べやすいです。


3、 長ネギ

実は玉ねぎの代わりに、あえて長ネギを選ぶ方も多いんです。

理由としてはお肉に合うはもちろん、強い甘みを持ち、さらにお肉の臭みを消してくれる野菜だから。

生のまま挽き肉と混ぜてもいいですし、軽く炒めると甘みが増します。

4、 れんこん

人気のれんこんもオススメです。

お肉との相性も良く、コリコリした歯応えがよくアクセントになります。

切り方によって、食感の変化を楽しめます!

以上がオススメの、玉ねぎの代用でつかえるものでした。

家にあるものでオリジナルのハンバーグを作ってみてくださいね。

さいごに

今回は、玉ねぎがないときのハンバーグ代用品をご紹介してきました。

確かに玉ねぎをいれたほうが、簡単で美味しいハンバーグが作れるかもしれませんが、他の食材でも十分作ることができます。

作ってみたらこっちの方が好きかも?なんて新しい発見があるかもしれません^^

様々な食材を使って、自分の好きなハンバーグを見つけてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました